引っ越し当日に慌てない段取りのマニュアル

引っ越しの準備にはいくつか段階があり、引っ越しをスムーズに行うにはそれぞれの段取りをきちんとすることがとても重要です。また、段取りをより確実に行うために、計画を立てるときは書面に残しましょう。

引っ越しの準備には大きく分けると、引っ越しする日の決定、引っ越し業者選び、不用品の処分、荷造りがあります。

まず引っ越しする日を決めます。引っ越し元と引っ越し先の賃貸契約は1週間以上かぶらせることをお勧めします。ほとんどの賃貸は月ごとの契約なので基本的には一か月分の家賃を二か所に払うことになりますが、引っ越しが完了した後も掃除や不用品の処分が終わらないことがあるので念のためかぶせておいたほうが良いでしょう。引っ越し日の前々日、前日、次の日は予定を空けておくことも必要です。生活用品は引っ越し直前まで使うものが多いので、準備に時間がかかります。また、引っ越し直後は最低限、新居で寝られるくらいまで片づけをしなければならないからです。

次に引っ越し業者ですが、選ぶポイントは荷物の量、引っ越し先までの距離、手伝いに来てくれる人がいるのかなどです。これらの条件でより安い引っ越し業者をインターネットなどから3社に絞ります。どこの業者も無料の見積もりサービスをしているはずなので、まずは見積もりを出してもらいましょう。ただ、家に来て見積もりを出してもらう場合にはほかの二社と時間がかぶらないように配慮することも大切です。見積もりを出してもらい、サービス内容も詳しく聞いたところで業者を決定します。業者選びは少なくとも一か月前には済ませておきましょう。ミニ引越し 東京

引っ越し業者が決まったらいよいよ不用品の処分、荷造りに取り掛かります。この時、必ず綿密にスケジュールを立てて準備をしないといけません。何をいつ捨てるのか、箱に詰めるのか、これを明確にしておくことによって不便を感じないように準備を進められます。例えば、冷蔵庫や洗濯機なども大型家電を新居で新しく買い替えるからと言って、引っ越しよりかなり早い段階で捨ててしまうのは望ましくありません。

粗大ごみとして処分する場合はその地域のゴミ出しの方法をよく調べて引っ越し当日か前日に引き取りに来てもらえるよう早めに手配しましょう。また、リサイクルショップに売る場合には持ち込みと家に取りに来てくれるものもあります。ただし、家に取りに来てくれるサービスは品物が限られているので、その品以外にも売るものがある際には持ち込むほうがベターでしょう。店によっては品物を運ぶ用に車を無料で貸し出ししているところもあるので調べてみて下さい。

荷造りのコツは使わないものから詰めていくこと、これにつきます。キッチン用品も引っ越しの日が近くなったらあらかじめレシピを決めておいて、使わない調理器具などは早めに閉まってしまいましょう。前日に余裕をもって最後の荷造りができるよう前々から段取りよく準備できるといいですね。